So-net無料ブログ作成

BS放送 メリット|デメリット [サービス]

BS放送

宇宙にあるBS衛星から送られてくる電波を
BSデジタル電波といいます。

「BS日テレ」「BS朝日」「BSプレミアム」とかですね。
新聞欄にも基本的に、地上波放送と一緒にテレビ欄が掲載されていますね。

このBS電波を受信する為の設備が大まかに4種類あります。

アンテナ受信

①共聴アンテナがマンション(アパート)に設置されている。(基本的に屋上等に設置)
 なので、個人でパラボラアンテナを設置する必要がない。
BS.png
メリット  アンテナの設置の必要が無く管理もマンション(アパート)の管理会社、管理組合
      で行う。基本的には室内のテレビ端子口からの配線のみで利用可能。

デメリット 天候等で映像の乱れが生じる。

②共聴設備が無いため個人にてベランダ等にアンテナの設置をする。
BS.jpg
メリット  特になし

デメリット 天候等で映像の乱れが生じる。
      マンション(アパート)で修繕工事があれば外壁の修繕の際アンテナの一時撤去
      工事終了後の再設置が必要。
      (業者さんに依頼すると作業費やら出張費やら費用負担がある)     

③インターネット回線を利用した光テレビのサービスの利用。

メリット  アンテナの取り付けや、管理の必要が無い。
      インターネットを利用する場合は、オプションとして利用も可能。

デメリット インターネット速度によっては映像の不具合もある
      月額料金が掛かる可能性がある。
      不要なインターネット加入が条件となる。       

J:COM(ケーブル受信)によって有線での利用。

メリット  アンテナの取り付けや、管理の必要が無い。
      電波の保証がある(J:COM等のケーブル会社によって)  電波の安定供給

デメリット 月額料金が少なからず発生する可能性。
      室内での受信用のチューナーが必要(それに伴う配線も)


どのサービスで利用する場合も、当然メリット・デメリットは生じますが
ご利用の環境によって判断すればよいと思います。

例えば、BS放送が見たいが、インターネットは利用するつもりもなく
アンテナの設置も面倒な場合はJ:COMなどのケーブル会社の利用がベストだとおもいますし
知人に電気屋さんがいるのであれば、アンテナでの利用も検討できると思います。
只、この場合は建物がアンテナ設置可能な物件なのか(アンテナの設置禁止等)もあるので
一度確認する事をお勧めしますが。

最近では番組構成(特に地デジ)では偏った番組がおおいですね。
昼は、ワイドショー。夜はバラエティ。
しかも、内容も出演者も似たり寄ったり。
こんな方はBS放送が良いかもしれませんね。
      




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。